税理士も厳しい時代になりました。


by htzb2dnoqn

COPDの予防方策などで検討会設置へ(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は、「慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会」を早ければ今月中にも開催する。2月1日の「厚生科学審議会地域保健健康増進栄養部会」(部会長=永井良三・東大大学院医学系研究科教授)で、健康局の担当者が明らかにした。検討会は健康局長の下に設置され、予防方策や早期発見の在り方などを議論、今年6月をめどに内容を取りまとめたいとしている。

 昨年開かれた「慢性疾患対策の更なる充実に向けた検討会」で、筋・骨格系及び結合組織の疾患、COPDなどについて、「それぞれの特徴に配慮した詳細な検討が引き続き必要」との指摘を受けて開かれる。
 COPDは、患者が全国に約500万人、死亡者が年間で約1万5000人に達するとされる。主な原因は喫煙と言われており、早期発見と治療により、リスクと負担を大幅に減少することが可能とされる。


【関連記事】
「在宅酸素療法」中の火災で注意喚起―厚労省
呼吸器疾患対象に疫学研究を検討―新型ワクチンで厚労省
20代喫煙者の半数近くが高卒までに経験―7割はニコチン依存症
「肺の生活習慣病」受診率は1割未満
男性の喫煙率、過去最低に―厚労省調査

意識もうろうで川へ=被害男性に薬物か−強殺容疑の女・鳥取不審死(時事通信)
新成人を子供扱い? 選挙啓発DVDがネットで話題に(産経新聞)
<消費者金融強盗>元組員2人に逮捕状…三重県警(毎日新聞)
外国人参政権 「発想おかしい」各地で反対決議(産経新聞)
ひな人形作り 埼玉県越谷で最盛期に 小ぶりな人形が人気(毎日新聞)
[PR]
by htzb2dnoqn | 2010-02-04 22:45