税理士も厳しい時代になりました。


by htzb2dnoqn

カテゴリ:未分類( 55 )

 自民党の谷垣禎一総裁は10日、「BS11デジタル」の番組収録で、参院選の獲得議席目標について「40(議席)台には持っていきたい」と述べた。改選の38議席は上回るものの、過去の参院選で40議席台にとどまった際は「敗北」とされた水準だ。菅内閣発足で民主党の党勢回復が著しいとはいえ、トップの控えめな姿勢は参院選の士気に影響しそうだ。

 谷垣氏はこれまで具体的な議席目標への言及を慎重に避けてきたが、この日は司会者にしつこく問われた。だが、40議席では、非改選の34議席と合わせても選挙後に74議席にとどまり、与党を過半数(122議席)割れに追い込むのは難しい。

 これに先立つ自民党の全議員懇談会で、谷垣氏は「政治生命をかけて戦い抜きたい」と総裁の職をかけて参院選に臨む決意を訴えたものの、肝心の勝敗ラインが低くては盛り上がらない。非改選の若手参院議員は「政治生命をかけると言ってしまった以上、目標は低く、超現実路線ということだろう」と皮肉った。衆院側には「目標としては少ないが、そんなものだろう」と谷垣氏の「安全運転」に理解を示す声すら漏れる。

 その後の記者会見で谷垣氏は参院選を「中間試験」と明言し、「政治生命」発言の意図は一層ぼやけた。同党は10日、「いちばん。」をキャッチコピーにした新しいポスターを発表したが、目標40議席からは第1党を目指す気概は感じられず、間の悪さは否めない。【野原大輔】

「恩返ししたい」 大分・中津江村の人々がカメルーンを応援(産経新聞)
<感電>変電所で生徒2人が負傷 岡山・玉野(毎日新聞)
「保険かけられた」と警察に訴え…淀川女性遺棄(読売新聞)
<年金機構>長期派遣受け入れ 労働局が是正指導(毎日新聞)
福島県飯舘村 1回500円で村民にEV貸し出し(毎日新聞)
[PR]
by htzb2dnoqn | 2010-06-18 15:10
 岐阜県白川村と石川県を結び、冬季は閉鎖されていた山岳道路「白山スーパー林道」(全長33.3キロ、有料区間24.3キロ)が1日、岐阜県側の約4キロ分を除く区間で開通した。岐阜県森林公社によると、部分開通によるシーズン開幕は1977年の供用開始以来初めて。

 土砂崩れが発生している区間があり、防護柵設置のために一部の開通が遅れた。岐阜側の有料道路の開通区間は岐阜料金所(標高770メートル)から蓮如茶屋駐車場(同1200メートル)までの約6キロ。全線開通は今月中旬ごろの見込み。

 この日は同料金所前で開通式があり、午前9時にゲートが開くと、待ち構えた車が一斉にスタートした。料金所−同駐車場間は一律往復1000円。【宮田正和】

<名古屋空港>9路線「維持は困難」 日航、県に回答(毎日新聞)
<四国知事会議>口蹄疫対策で協力 高速料金、あくまで全国一律に(毎日新聞)
代表選は4日、会期延長せず 小沢氏ら執行部も辞任(産経新聞)
<傷害容疑>女子高生の顔切りつける 22歳男逮捕 山形(毎日新聞)
「信頼回復が責務」と続投表明=経営陣処分は改めて明言―原発点検漏れで中国電社長(時事通信)
[PR]
by htzb2dnoqn | 2010-06-08 00:28
 ◇口蹄疫

 牛や豚のような前後の足の指が2本、4本と偶数の動物(偶蹄類)に感染するウイルス性の伝染病。口の周辺やひづめに水ぶくれができる。発熱や多量のよだれ、食欲減退などの症状が出て衰弱する。感染力が極めて強く、水ぶくれの液や排せつ物に含まれるウイルスに触れると感染する。人にはうつらず、感染した動物の肉や乳を口にしても感染しない。家畜の安全基準を決める国際機関「国際獣疫事務局(OIE)」によると、口蹄疫ウイルスがない「清浄国」は約50カ国。日本は00年に発生後、半年ほどで制圧に成功し、清浄国に復帰していた。

囲碁 羽根、白大石に迫る 本因坊戦第1局(毎日新聞)
「わたしは時間を描いている」 横山裕一 ネオ漫画の全記録(産経新聞)
<共産党>著名人擁立に警戒感 志位委員長(毎日新聞)
6月にショートステイ整備事業の説明会―東京都(医療介護CBニュース)
国家公務員キャリア採用2割減へ、総務省が通知(読売新聞)
[PR]
by htzb2dnoqn | 2010-05-20 17:40
 平成23年度から使われる新しい小学校教科書がどのようなプロセスで文部科学省の検定を通過したか明らかにする関係資料公開が11日、東京都江東区の教科書研究センターで始まった。今年3月末に報道発表された資料がほとんどだが、実際に手にとって確認することができるため、教科書に関心が深い一般市民や教育関係者らが、資料にじっくり目を通した。

[フォト]小学教科書検定 「“ゲット”って何?」「特定の宣伝になる」気になる検定意見

 公開されたのは、来年度から使われる小学校の国語や算数など9教科の教科書148点の見本と、これに対して文科省側がつけた5551件の検定意見書など。業者が作成した教科書の内容に誤りや過不足がないか、同省の教科用図書検定調査審議会がチェックした際の修正箇所が分かるようになっている。

 昨年度行われた検定では、算数で円周率「3.14」を明記させたり、社会で竹島と韓国の間に国境線を引かせたりしているが、こうした点も確認できる。

 今回から同審議会部会の議事概要も公開。社会教科書で、中国と領有権を争っている日本領・尖閣諸島について「記載する必要がある」という見解が、審議会の検定意見とされなかった経緯なども読み取れる。

 会場を訪れた塾職員(35)は「新しい教科書は学習の進め方に踏み込んだ内容になっている。塾のカリキュラムに生かしたい」と興味深そうだった。

 同センターでの資料公開は7月30日まで。ただ、7〜8月に秋田、山梨、愛知、奈良、島根、香川、佐賀の各県でも同様の公開が行われるほか、今後、インターネット上でも文科省のホームページで一部の資料が閲覧可能となる。

【関連記事】
竹島の領有権確定措置を「強化する」 韓国外交通商省
小学校教科書に国語に神話登場 ネット社会の子供たちに「新鮮」
小学校教科書 神話で日本のよさ学ぼう
鳩山首相の竹島発言は「挑発」 韓国首相が批判
クイズで学ぶ男女共同参画 松戸で検定問題集を無料配布
少子化を止めろ!

神奈川クリニック眼科が破産=レーシック大手、事業は譲渡−東京地裁(時事通信)
<狭山事件>石川さん支援集会 菅家さんも訴え(毎日新聞)
トーク飛ばし音楽録音 新型レコーダーで物議(産経新聞)
タプロスの伸長も国内医療用眼科薬の売り上げは横ばい―参天製薬(医療介護CBニュース)
女性店長「出て行け」、チェーンソー男退散(読売新聞)
[PR]
by htzb2dnoqn | 2010-05-13 05:32
 アフリカ・ギニアに生息する野生のチンパンジーの母親が子の死んだ後、ミイラ化するほど長期間一緒に行動していた事例が3回あったと、京都大霊長類研究所(愛知県犬山市)所長の松沢哲郎教授らの研究グループが27日付の米科学誌カレント・バイオロジーに発表した。
 松沢教授らの研究成果によると、1992年と2003年に計3回、死亡した1歳から2歳半の子をそれぞれの母親が19〜68日間、一緒に連れて行動していた。子はミイラの状態になっていた。母親は自らの肩と首に子の手首を挟んで背負って歩いていた。
 母親が死体の毛づくろいをしたり、たかるハエを追い払ったりする動作が見られた。別の子がミイラ化した死体を連れ遊んでいるとみられる行動も確認された。観察中、ほかのチンパンジーがミイラ状態の子を避けたのは1例だけとしている。
 松沢教授は「非常にまれで、しかも死を特別に扱うような行動」と話している。 

【関連ニュース】
花粉症根治薬、8年後にも実用化=鳥居薬品と共同研究開始
野村総研、中国政府系シンクタンクと共同研究=環境問題など
強度、伸縮性優れた合金開発=医療や耐震などへ活用期待
強毒の混合ウイルス作製=鳥のH5N1と季節性インフル
ヨウ素から不斉合成触媒を開発=次世代抗生物質の生成に期待

特定の遺伝子群が働かず=全身に変わる能力に影響−マウスiPS細胞で発見・日米(時事通信)
橋下知事、候補選定は小沢流 市議補選「攻撃的な女性だ」(産経新聞)
非番で…消防士が酒気帯び運転、逮捕 和歌山(産経新聞)
【鳩山ぶら下がり】高速新料金「前原案をベースに議論を」(19日夕)(産経新聞)
<掘り出しニュース>親子タケノコ、府中で見つかる (毎日新聞)
[PR]
by htzb2dnoqn | 2010-04-27 12:21
 政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)は23日、事業仕分け第2弾をスタートさせる。前半戦の4日間は独立行政法人が対象で、全104法人のうち10府省が所管する47法人、151事業を扱う。官僚OBの天下りを含めて不透明な事業の実態を明らかにし、予算の無駄を洗い出すとともに、5月にもまとめる独法の制度改革案に反映させる。
 仕分け作業は一般に公開されるほか、インターネットでも生中継される。夏の参院選を控え、首相は公開の場での議論を通じ、内閣支持率の下落に少しでも歯止めを掛けたい考え。平野博文官房長官は22日午後の記者会見で、「無駄遣いをなくすと同時に、組織の在り方についても徹底的にやっていただきたい。結果として『よくやった』と支持が得られるならば、よろしかろうと思う」と述べた。
 前半戦は23日と26〜28日。初日は午前11時すぎからの開会式に続いて、沖縄科学技術研究基盤整備機構(内閣府所管)と労働政策研究・研修機構(厚生労働省所管)などの仕分け作業を行う。 

「トラスト・ミー」首相が自ら招いた対日不信(産経新聞)
<プラダジャパン>元部長が解雇無効の確認など求める(毎日新聞)
「カジノ議連」発足 東京?沖縄?北海道? 当面の2カ所、焦点(産経新聞)
<ライター火災>回収を検討 福島担当相(毎日新聞)
<転落死>マンション12階から4歳児 千葉・印西(毎日新聞)
[PR]
by htzb2dnoqn | 2010-04-22 21:43
 JR福知山線脱線事故を巡る国土交通省航空・鉄道事故調査委員会(事故調)の情報漏えい問題について、神戸地検が昨春までに証拠隠滅容疑でJR西日本の社員2人を取り調べていたことがわかった。

 地検は最終的に立件を見送ったが、山崎正夫・前社長(66)(業務上過失致死傷罪で在宅起訴)らが刑事責任を免れようとしたことを裏付けるとみて、調書を公判の証拠としたい考えだ。

 捜査関係者らによると、取り調べたのは同社で事故調に対応していた社員ら。

 1人は事故調とのやり取りを担当する部署に所属。地検に対し、事故調の委員(当時)から審議の内容を聞き出すよう同僚に手配したほか、山崎前社長側が有識者に、事故調に自社に有利な意見を述べてもらうよう依頼したことなどを供述したという。

 もう1人は別の部署にいた社員で、兵庫県警から自動列車停止装置(ATS)に関する資料の提出を求められ、一部を抜き取ったことを認めた。

 証拠隠滅罪は、他人の刑事事件に関する証拠を隠滅、変造などする行為で、2年以下の懲役または20万円以下の罰金が科せられる。

堺事件容疑者「泣かれイライラした」(産経新聞)
受動喫煙防止条例に立腹、脅迫メールの男に罰金(読売新聞)
知的障害児施設で虐待=不適切な拘束など440件−「自傷行為止めるため」−大阪市(時事通信)
車掌が2年半キセル=磁気定期券を不正操作−相模鉄道(時事通信)
大阪市の虐待通報、前年度比の1・5倍に 児相の人手不足深刻(産経新聞)
[PR]
by htzb2dnoqn | 2010-04-20 11:06
 【ヒューストン(米テキサス州)時事】国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の山崎直子さん(39)は9日夜(日本時間10日午後)も、長期滞在者の野口聡一さん(44)と協力し、コンテナ「レオナルド」から実験用ラックなどを運び入れる作業を進めた。
 作業は8日夜からスタート。14日午前までかかる見通し。
 山崎さんはISSへの物資輸送・補完をきめ細かく指揮する「ロードマスター」として活躍。野口さんとともに、実験用冷蔵庫や米国の実験棟「デスティニー」の窓に取り付ける観測用ラックを運んだ。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
〔写真特集〕月面着陸から40年 アポロ11号

将棋 急戦調の横歩取りに 1日目終わる 名人戦第1局(毎日新聞)
新党 参加者広がらず苦悩の船出 「たちあがれ日本」結成(毎日新聞)
ドラッグアンドドロップで楽々画像をコンバートできる『Photo Magician』
<地震>北海道・釧路などで震度4=午前3時41分(毎日新聞)
<社民党>サイパン、テニアンに視察団派遣へ 普天間移設で(毎日新聞)
[PR]
by htzb2dnoqn | 2010-04-13 21:29
 北朝鮮から韓国に亡命し、来日中の黄長●(ファン・ジャンヨプ)元朝鮮労働党書記(87)が6日、東京都内のホテルで非公開で講演した。

 出席者によると、黄元書記は同国の国家体制について約40分にわたって説明。「(独裁体制を変えていくには)中国を巻き込む形で中国式に改革開放に導くのがもっとも望ましい」との見方を示したという。講演会には、拉致問題や外交・防衛にかかわる政府、自治体関係者約80人が出席した。

 ●は「火」へんに「華」

【関連ニュース】
拉致問題:法改正での被害者給付 蓮池さん夫妻辞退申し出
金賢姫元死刑囚:日本政府が5月招へいか 拉致家族会情報
朝まで生テレビ:田原氏発言「問題あり」BPO
黄元書記:「拉致知らなかった」「元党幹部として反省」
黄元書記:来日、韓国亡命後初 拉致被害者家族らと面談へ

巨大粒子雲も宇宙線放出か=証拠となるガンマ線観測−日米欧の衛星で(時事通信)
【風】現役世代、それぞれの思い(産経新聞)
コンビニ強盗3万円奪う 大阪・淀川(産経新聞)
<築地市場>マグロの競り場見学一時中止へ 市場業務に支障(毎日新聞)
橋下知事「申し訳ない」 府立高教頭の大麻所持(産経新聞)
[PR]
by htzb2dnoqn | 2010-04-08 20:26
【鳩山ぶら下がり】(31日夕)

 鳩山由紀夫首相は31日夕、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で5月末に設定した日米合意の期限について、「設けなければ、米国との話し合いすらできなかった。ズルズルと時間をかけるべきではない。(政権発足後の)半年で区切りをつけ、代わりに結論を出す。正しい判断だった。今になってなおさらそう思う」

 ぶら下がり取材の詳報は以下の通り。

 【普天間移設】

 −−普天間基地だが、今日、総理は党首討論で、私の考え方、腹案は用意してあると発言した。この腹案は関係閣僚全員に共有されているものか。そして、政府案と呼べるような一つの具体的な案になっているのか

 「(苦笑して)ハハ。当然のことながら、腹案に対しては、関係の閣僚で議論をして、方向性を決めたわけですから、協議をしています。その考え方に基づいて、今、交渉のプロセスに入ろうとしているということでありますから、その考え方は一つです」

 −−自民党の谷垣禎一総裁から、5月末までに普天間移設問題が解決しなかった場合の退陣要求が出されたが、改めて、総理は職をかけて臨む考えか

 「職をかけてってのは、できなかったら、やめるとかですね、そんな次元の話ばかりが出てきています。そんなことよりも、まずは成し遂げると。交渉なんですから、交渉がうまくいかなかったら、この総理はやめるんだみたいな話を先にいわれたら、交渉力を持てるはずもありません。その意味では、もう全力を尽くすのみ」

 【郵政見直し法案】

 −−ゆうちょ銀行の関連で、限度額の引き上げで集まった郵政マネーを、これまで民主党が掲げてきた「官から民」の流れに反するような形で、かつての財政投融資のような公共的色彩の強いものに運用する考えはあるか

 「もう当然、皆さんも勉強されていると思いますけれども、毎年10兆円ほど、郵貯、簡保合わせて、減ってきてます。この10年間で100兆円ほど資金量が減っているという状況で、ある意味で、いわゆる巨大なガリバーといわれてましたけれども、西川体制のなかで、大変厳しい状況に追い込まれてしまっている。このままいったらどうなるのか。結果として、地域の金融がおかしくなるということにもなりかねないところまで来ている。したがって、何らかの公的な役割というものを持たせた形にしなきゃいけないんじゃないかということで、今回、国の関与も3分の1ではありますけれども、残して、それだからこそ、小泉改革であれば青天井の限度なしだという話だと思いますが、限度は作らなきゃならないということで落ち着いてきたということです」

 「結果として、必ずしも、資金量がどこまで回復できるかということは、まだ見えていません。そんな簡単な話じゃありません。どんどん肥大化するという風にも必ずしも、思えない状況であります。したがって、今、おたずねがありましたような懸念は全くないかといえば、これから行動というか、法案が成立をして施行されていかなければ見えないところが確かにあろうかと思っておりますが、私はむしろ、今お尋ねにあったようなことは杞憂(きゆう)にすぎないと。国債の単なる引受機関みたいなことにはなってはならないし、むしろ、地域の金融機関ともある意味で共存共栄できるような状況というものをうまく作り上げていくことが必要だし、それは十分に可能だと思ってます」

 【拉致本部の人事】

 −−政府の拉致問題対策本部の事務局長代理のポストに三谷秀史内閣情報官を起用する方針を固めたという報道があるが、事実確認と起用のねらいを

 「三谷君は、情報官として大変有能でありました。もう、4年になったものですから、彼にはこれから拉致問題しっかりやってもらおうと。情報というものに対しては、大変、精通している男ですから、この拉致問題、ご案内の通り、一番大事なことは情報収集です。せっかくの情報をいかに入手するかということでありますから、そういった能力に長けた三谷君を起用するということに致したところであります」

 【普天間移設】

 −−普天間だが

 「それじゃ、最後に。はい」 

 −−まず、改めて5月末というタイムリミットはなぜ設けたのか。そして、タイムリミットを設けたことを今になって、必要だったと考えるか

 「設けなければ、アメリカとの話し合いすらできなかったと思います。アメリカにも理解をされて、また、普天間の危険性の除去という大変大きな問題がありますから、これをまた、自民党さんのなかには、もうズルズル、あと何年かけてみたいな話はありましたけれども、そのように時間をかけるべきではないということで、しっかりと半年で区切りをつけて、その代わりに結論を出すということにしたと。これは私は正しい判断だったと。今になって、なおさらのようにそう思いますね」

【関連記事】
崖っぷちの谷垣氏ひとまずふんばる 口癖連発…焦りも? 党首討論
公共事業?国家ファンド? 郵貯マネーの使い道に閣内騒然… 
郵政改革で首相「官の肥大化論は杞憂」
拉致対策本部事務局長代理に三谷氏
首相、普天間の危険性除去「2014年までに」
首相、中井氏の問題「二度とこのようなことがないよう」

JR福知山線脱線事故の被害者ら「空色の栞」作製 安全願い6千枚配布(産経新聞)
<普天間移設>米国防長官「海兵隊は沖縄にいる必要がある」(毎日新聞)
社民・国民新「ホワイトビーチ案」撤回で一致(読売新聞)
「特定、解明に至らず」=長官銃撃で警視庁幹部(時事通信)
燃えた車に3人の遺体=ダム沿いの市道、事件の可能性も−富山(時事通信)
[PR]
by htzb2dnoqn | 2010-04-05 18:46