税理士も厳しい時代になりました。


by htzb2dnoqn

<   2010年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 恋の季節がピークを迎えた大分市の高崎山自然動物園で、人気者の雄ザル・ナベ(推定27歳)が群れを移籍し、新天地で「恋人探し」に励んでいる。人間なら80歳程度という高齢。元の群れでは序列3位という地位をなげうっての恋の道に、同園は「高齢での移籍は近年例がないが、ナベが幸せなら……」と、繁殖期特有の赤い顔と尻を見守っている。

 ナベはプレーボーイらしく、餌を食べるとき小指を立てる仕草が有名。08年5月にロケがあった「釣りバカ日誌19」では銀幕にも登場した人気者だ。C群(696匹)で約10年間過ごしたが、ここ2年間はB群(526匹)に姿を見せる「二重生活」を送り、09年11月から完全にB群に移った。

 C群でのナベの序列は3位で、1位も視野に入る状況。餌の確保にも苦労しない立場だったが、B群では新参者なので「最も下っ端」扱いだ。

 案内担当の種村将さん(36)たちは、移動の理由を「求愛目的」とみる。群れで長く過ごすオスは、メスから敬遠される傾向があるため「『子孫を残したい』との本能が勝ったのでは」と種村さん。

 毛並みがくたびれつつあるナベだが、恋の行方は「新参者はモテるので、それなりに順調」(種村さん)という。自ら求愛したり、逆に求愛される姿も目撃された。種村さんは「ヒト社会なら『地位がもったいない』となるだろうが、あまり気にしていないでしょう」。恋の季節は3月まで続く。【小畑英介】

【関連ニュース】
大分・高崎山:ボスザルも政権交代 11年在位ゴルゴ失脚
掘り出しニュース:ニホンザル:高崎山も政権交代、15代目ボスにタイガー就任
キラキラ★スポット:2・7別大マラソンコース探訪/1 /大分
毎日新聞寄付講座:別大マラソンをテーマに講演−−芸短大 /大分
別府大分毎日マラソン:見学しよう 県、「ふれあい探検隊」募集 /大分

航空トラブル NZ機が離陸滑走中に急停止し煙 成田空港(毎日新聞)
【中医協】アクトスなど市場拡大再算定品目が決定(医療介護CBニュース)
小沢氏、刑事責任なら「非常に責任は重い」(産経新聞)
<「だいじょうぶ」>人文字で防犯・防災「三つの輪」(毎日新聞)
被爆ピアノで平和の調べ=「核悲劇、繰り返すな」−「第五福竜丸」と共演・東京(時事通信)
[PR]
by htzb2dnoqn | 2010-02-05 21:49
 厚生労働省は、「慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会」を早ければ今月中にも開催する。2月1日の「厚生科学審議会地域保健健康増進栄養部会」(部会長=永井良三・東大大学院医学系研究科教授)で、健康局の担当者が明らかにした。検討会は健康局長の下に設置され、予防方策や早期発見の在り方などを議論、今年6月をめどに内容を取りまとめたいとしている。

 昨年開かれた「慢性疾患対策の更なる充実に向けた検討会」で、筋・骨格系及び結合組織の疾患、COPDなどについて、「それぞれの特徴に配慮した詳細な検討が引き続き必要」との指摘を受けて開かれる。
 COPDは、患者が全国に約500万人、死亡者が年間で約1万5000人に達するとされる。主な原因は喫煙と言われており、早期発見と治療により、リスクと負担を大幅に減少することが可能とされる。


【関連記事】
「在宅酸素療法」中の火災で注意喚起―厚労省
呼吸器疾患対象に疫学研究を検討―新型ワクチンで厚労省
20代喫煙者の半数近くが高卒までに経験―7割はニコチン依存症
「肺の生活習慣病」受診率は1割未満
男性の喫煙率、過去最低に―厚労省調査

意識もうろうで川へ=被害男性に薬物か−強殺容疑の女・鳥取不審死(時事通信)
新成人を子供扱い? 選挙啓発DVDがネットで話題に(産経新聞)
<消費者金融強盗>元組員2人に逮捕状…三重県警(毎日新聞)
外国人参政権 「発想おかしい」各地で反対決議(産経新聞)
ひな人形作り 埼玉県越谷で最盛期に 小ぶりな人形が人気(毎日新聞)
[PR]
by htzb2dnoqn | 2010-02-04 22:45
【秋葉原17人殺傷 第2回】(4)

 《加藤智大(ともひろ)被告(27)は秋葉原無差別殺傷事件に使ったダガーナイフ以外にも、複数のナイフを所持していた。検察官は、それを一本一本、本人に示して確認していく》

 検察官「続いて折りたたみナイフを示します」

 《検察官が透明のプラスチックケースに収められたナイフを加藤被告に向けて掲げる》

 検察官「このナイフに見覚えがありますか」

 加藤被告「はい」

 《加藤被告は消え入りそうな小さな声で答えた》

 検察官「事件当時、このナイフは、あなたが着ていたジャケットの内ポケットに入っていたということでよろしいですね」

 加藤被告「はい」

 検察官「続いてユーティリティーナイフを鞘と一緒に示します。ナイフも鞘も見覚えがありますね」

 加藤被告「はい」

 検察官「現場では靴下の中に入れて所持していましたね」

 加藤被告「はい」

 検察官「あなたの物ということで間違いないですね」

 加藤被告「はい」

 《検察官はさらに加藤被告が、トラックの中に置き残したナイフ2本を示す。検察官が、加藤被告がナイフの所有者だということを確認すると、加藤被告は無表情で「はい」とのみ答える》

 検察官「これまで示したナイフと鞘は、あなたが所有権を放棄して、検察庁に処分を任せるということでよろしいですか」

 加藤被告「はい」

 《続けて村山浩昭裁判長ら裁判官3人が、プラスチックケースに入ったナイフ5本を順番に手に取り、丹念に眺めた》

 《ここで検察官は、加藤被告のトラックが秋葉原の交差点に突入した直後、交差点へ向かっていった被害者のEさん、Fさんの様子などをモニターに映し出すと宣言する。2人は加藤被告に刺され、死亡した被害者で、現場近くの防犯カメラで撮影された映像とみられる。しかし、法廷の大型モニターの電源は落とされているため、傍聴席からは見えない。裁判官、検察官、弁護人それぞれの席に設置された小型モニターにのみ映像が映し出されているようだ》

 検察官「平成20年6月8日、午前11時からEさんの状況を写したものです。右側の赤い矢印で示されているのがEさんです」

 《映像には、Eさんが大型家電店の出入り口から出たり入ったりするなどしている姿が写っているようだ》

 検察官「続いて店外に設置されていた防犯カメラの映像を示します」

 《大型モニターの電源は落とされたままで、法廷内は水を打ったような静けさに包まれている》

 《小型モニターの映像にはEさんとFさんが、現場交差点に突入した加藤被告のトラックを見て驚いている様子や、交差点方向に向かっている姿などが映し出されているようだ》

 検察官「これまで示したのが(加藤被告のトラックが秋葉原の交差点に突っ込んだ直後の)午後0時33分30秒ごろまでの映像です」

 《ここで再び、証拠書類の調べに戻る》

 検察官「次に(加藤被告に刺された)Fさんが平成20年6月8日午後0時30分ごろにした119番通報の内容を明らかにしたものを示します」

 「『刺された、背中をナイフで刺された。○○電機(秋葉原の電機店の実名)の近く。私が刺された。息苦しい』」

 《生々しいFさんの声が読み上げられる。Fさんはその後、失血死している。息をのんで検察官の読み上げを聞いている傍聴人たち。しかし、加藤被告は相変わらず無表情で前方を見つめたままだ》

 =(5)に続く

【関連記事】
(3)「あなたの所有物ですね」「はい」… 凶器のナイフ示され、うなずく被告 秋葉原17人殺傷第2回ライブ
(2)「白っぽい上着の男に注目してください」再現される被告の行動 秋葉原17人殺傷第2回ライブ
(1)再現される事件当時の進行経路… モニター見つめる加藤被告 秋葉原殺傷第2回ライブ
秋葉原17人殺傷 きょう第2回公判 事件の目撃者が証人出廷
秋葉原殺傷事件 引きずる影、薄れる記憶

地上100m!橋下知事、通天閣で豆まき(読売新聞)
<薬害C型肝炎>新潟の50代女性 給付金の対象に(毎日新聞)
小沢氏に「けじめ必要」=枝野氏、進退に言及(時事通信)
NYタイムズ「命に関わる問題軽視」 トヨタ、米メディアから「大逆風」(J-CASTニュース)
<匿名通報ダイヤル>2月から児童虐待の情報も受け付け(毎日新聞)
[PR]
by htzb2dnoqn | 2010-02-04 00:02
 松野頼久官房副長官は2日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)について「継続使用も含めて、基本的にはあらゆる前提をつけずにゼロベースで検討している」と述べ、移転先の候補地選定が難航した場合、普天間飛行場を継続使用する可能性があるとの認識を示した。

 新たな移設先を検討する政府・与党の沖縄基地問題検討委員会による移設先候補地視察に関しては「正式にはまったく決まっていない。ただ、いろんなところは見たほうがいいと思う。視察に行くと決めるのであれば、早いほうがいい」と指摘した。

 この問題をめぐっては、鳩山由紀夫首相が「移設先が(普天間に)戻ることは基本的には選択肢ではない」と継続使用を否定した一方、岡田克也外相は1日の記者会見で「ほかに(候補地が)なければ普天間が今のままということもあり得る」と述べ、社民党などの反発を買っている。

【関連記事】
社民・国民新、岡田外相の「普天間継続も」発言に反発
「われわれの合言葉は忍耐だ」 普天間問題で米国防長官
普天間移設 首相「5月までに結論」 小沢氏事件で謝罪も
鳩山首相、衆院代表質問「健全な党内民主主義貫く」
「普天間が今のまま…」岡田外相が可能性言及

定昇維持巡り厳しい攻防…春闘スタート(読売新聞)
機長と巡視員の「協力不足」指摘=巡視ヘリの送電線接触−運輸安全委(時事通信)
普天間で平野長官、法的措置また言及 安保の重み 気づいた?(産経新聞)
沖縄連絡室長に瀧野副長官=政府(時事通信)
公明、参院埼玉選挙区に西田氏擁立を決定(産経新聞)
[PR]
by htzb2dnoqn | 2010-02-02 23:52
 平城遷都1300年を迎えた奈良県で奈良時代の味覚を楽しみたい。そんな要望に応え、葛城市の酪農家でつくる農事組合法人「ラッテ・たかまつ」で古代の乳製品「蘇(そ)」が生産されている。また、蘇を使ったキャラメルの新商品もラインアップされた。

 蘇は、古代の貴族がデザートや薬用に食したとされ、文武天皇4(700)年には作られていたことが文献資料で確認されている。平城京跡(奈良市)から出土した木簡などから、全国から献上されていたことも知られている。

 そんな古代の高級品を気軽に味わってもらおうと、ラッテ・たかまつ代表の高松久仁子さん(63)が、奈良文化財研究所飛鳥資料館などが文献資料から推定した製法で復元した。「ミルクを煮詰めるシンプルな製法ですが、仕上げに苦労しました」と高松さん。

 蘇はチーズにもたとえられるが熟成の工程がなく、発酵食品特有のクセはない。ミルクを凝縮した自然の甘味が広がり、上品な余韻が残る。

 昨年秋から4センチ角(700円)を販売しているが、一口サイズ4個入りも発売予定。蘇が入った最中アイス(1個300円)や今冬の新商品「大和茶の蘇入り生キャラメル」(7粒入り500円)も。大和盆地を見渡せる牧場近くの「山の喫茶店 夢ラッテ」で販売している。問い合わせは、ラッテ・たかまつ(電話0745・62・3953)。

【関連記事】
最高級チョコを使用 ローソンがチョコロールケーキを発売 
「女子ラーメン部」 素人目線で“付録”が“主役”
NYサーロインステーキ シンプルかつ豪快に食べる!
マック“独り勝ち”いつまで 淘汰始まるバーガー業界
チルドデザート市場、1.2%増見通し 内食回帰で6年連続プラス

俳優の夏夕介さん死去(時事通信)
カーナビ盗難、過去最多=自動車本体は6年連続減−地域と車種で明暗も・警察庁(時事通信)
奈良・巣山古墳に湧き水対策? 葺き石、新たに120メートル出土(産経新聞)
秋田市の成人式妨害、20歳の会社員ら5人逮捕(読売新聞)
内陸10キロに海の珪藻…古代遺跡が示す大震災「高さ10メートル津波」(産経新聞)
[PR]
by htzb2dnoqn | 2010-02-01 23:45